JGDSA

第9回家具デザインコンテスト2018二次審査一般投票

以下の10作品の中から、斬新で革命的なインテリアデザインであると思う作品1点にご投票ください。

●投票獲得数上位の作品が「オーディエンス賞」に選ばれます。
●投票したい作品が決まりましたら、最下部の「投票する」ボタンをクリックしてお進みください。
※お一人様一回のみのご投票となっております。(ご投票にはメールアドレスが必要となります)

>>コンテスト詳細はコチラ<<

014 「Holding Stool」

014/Holding Stool
コンセプト:
スタッキングでは無く、フォールディングでも無く、自らの中にHOLD(抱えこんで)いきます。
スタッキング・フォールディングでは収納時は使えませんが、ホールディングであれば収納時ても使用する事ができ、形状の変化を楽しむことが出来ます。

050 「宜竹 GICHIKU」

050/宜竹 GICHIKU
コンセプト:
〜丁度よい竹〜
身体を包み込むようにフィットした座椅子。
足元の折り返しは、足を上に置いてオットマンとしての役割。
また、中に入れると足を包み込むようにフィットする。

081 「cooperate」

081/Cooperate
コンセプト:
「コンピューターを使って設計」から「コンピューターと協力して設計」へ。
このローテーブル『cooperate』は、人間が設計した一見成り立ちそうにない形状を、コンピュータが強い構造となるように内部の梁を最適化計算を用いて設計することによって成立させるという、人間とコンピューターの共同設計によって生まれました。
今にも崩れそうなのに成り立っている独特な視覚体験を提供します。

108 「oval」

108/Oval
コンセプト:
楕円の回転体に溝を彫った形状にスチールロッドを差し込んだ物体をベースに差します。溝にはハンガーを掛け、楕円全体には帽子やコートなどを掛けます。
ベースの上は、柱を利用し靴などを置くスペースとして役に立ちます。

127 「HITANOWA」

127/HITANOWA
コンセプト:
日田石を高温で熱し成型したリング
もともとドロドロの溶岩だった日田石。
それをもう一度溶かすことで独特の光沢を出した。輪のカタチに成形することで落ち着いた色合いのリングとして新しい装飾品となる。

145 「HAnA HAMMOCK」

145/HAnA HAMMOCK
コンセプト:
「七島イに包まれる、ハンモック」
七島イの特徴であるサラサラとした柔らかい肌触りと高い通気性で、蒸れにくく快適な寝心地寝が得られる。柔道の畳として使われるほど七島イは非常に丈夫なので、ハンモックとして最適。
七島イで編み込んでゴザ状にし、両端に取り付ける紐を縫い付けることで使用する。花ござのように、染料を用いて七島イを花模様や幾何学模様に鮮やかに染める。

156 「Curtain Chair」

156/Curtain Chair
コンセプト:
包む、切り抜く
忙しい生活に疲れていませんか?
Curtain Chairは1枚のカーテンのような背もたれで体を包み込むことで、慌ただしい生活から切り抜かれた空間にしてくれます。

162 「Zee」

162/Zee
コンセプト:
目をつけたのが衣服等の開け閉めに使うファスナー。
このファスナーに開閉以外の使い方を与えたいと思い、光量調節として利用したら変わった光の表情も楽しめるのではと考えた。
1番外側が布なので下ろすことで布のシワが生まれ様々な光の透け感も生まれる。

名前は特徴となるファスナーを開く音が由来している。

構造は、一番外側がファスナー付き遮光布、中にはシーリングライトと同じ乳白カバー、ライトは赤みのあるLED。
固定式ではないのでどこでも移動可能。(ただしコンセント式なのでコードは付いてくる。)

165 「ロッキング デスク」

165/ロッキング デスク
コンセプト:
ゆらゆらと自由に傾く机。
揺らしながら本を読む。
心地良い角度で作業をする。
疲れたら体をあずけて休む。

かっちり向き合うという机のイメージを、
体に合わせて心地よく向き合う
というツールに変えられればと思いデザインしました。

203 「SUGI POTS」

203/SUGI POTS
コンセプト:
日田杉の廃材を利用した素材のテーブルウェア
日田杉の製品加工で出される杉の皮(バーク)やおが屑などの廃材を利用し、杉の持つ温かみのある質感と吸湿性、断熱性を生かしたテーブルウェアを提案する。
日田杉は現在、オーダーメイドの建材やノベルティ製品の素材として使われている。しかし、1本の杉材から取れる木材は限られており、30%は廃材になっている。杉の木一本一本の価値を高め、日田杉産業の可能性が広がると考えた。
3つのサイズ展開で様々なシーンでの利用が可能になっており、2つのなべ敷きと1つのコースターを収納すると木の年輪のように見えるのが特徴。
投票する
© 2018 NPO Japan general design support association